セックスの相性だけはどうしようもない

セフレ関係を結ぶために欠かせないのが、やはりセックスの相性です。
いくら自分好みの相手で、性格も自分にピッタリだったとしても、セックスの相性がダメではセフレになることは難しいのです。

恋人としてなら、まだ付き合えるケースもあるでしょうが、セフレの場合はセックスが全てと言ってもいいのです。
ですから、セックスの相性さえ合えば、他は関係なく付き合うことができますし、逆に他はどれだけ良くても、セックスの相性が合わないとダメなのです。

ただ、セックスの相性というのは、正直どうしようもない部分もあります。
もちろん、相手によってセックスのやり方を変えたり、できるだけ相手に満足してもらえるように、色々努力はすると思います。

それでも、根本的な部分までは変えることは難しいのです。
責めるのが好きな人が、頑張って受身になろうと思っても、どうしても限界があるのです。

したがって、努力や工夫で何とかなる部分もありますが、一方でそれだけではどうしようもない部分もあるのです。
セックスだけに限ったことではありませんが、相性ばかりはどうしようもないわけです。

そのため、もし相性が悪くてセフレの関係になれなくても、落ち込む必要は全くありませんし、全く気にしなくていいのです。
むしろ、セフレを作る上で失敗は日常茶飯時ですし、相性だけに限らず何らかの失敗をしても、特にネガティブに捉える必要はないのです。

大事なことは、失敗してもすぐに気持ちを切り替えて、また新たなセフレ探しをすることです。
恋人を作るわけではないのですから、どんどん積極的にセフレを探していけばいいのです。

男女それぞれのセフレ像

セフレを欲しいと思っている人は多いかと思いますが、中にはセフレがすでにいるという人もいるかもしれません。
セフレとはセックスフレンドの略で、相手と気軽にセックスを楽しむための関係を呼ぶ言葉になります。
セフレの場合は恋愛感情を持たないので、相手と付き合うということを意識せずにセックスだけを楽しむ関係になります。

純粋にセックスだけを求める関係になるので、恋人がいても別にセフレを求めるケースもあります。
相手に恋愛感情を持つことがないので、浮気とは違った特殊な関係と考えている人も多いようですね。
例えば付き合っている恋人がいたとしても、相手とのセックスに不満を感じてしまうということはあるでしょう。
そんなときにセフレがいれば、セックスについてのストレスをすべて解消することができてしまいます。

セフレに対して求めることは、男性も女性もそれぞれ自分の不満を満たしたいということが一番かと思います。
これまでは男性の中に、パートナー以外の人と楽しみたいという思いを持つ人が多かったようですが、それは最近では女性にも増えてきています。
セフレ募集のための掲示板などで、女性が自ら相手を募集することもあるほどで、セックスに抵抗のない人が増えてきているということなのでしょう。
セフレは恋人ではありませんので、一度に複数の人と関係を持っていても問題ありません。

一人だけでは満足できず、同時に複数のセフレと出会いたいと考える人も多いようですね。
セックスについての不満を抱えたままだと、日常生活でも不満が溜まってしまうことになります。
そういった不満を吐き出すためにも、セフレという相手はとても重要な相手といえるでしょう。
お互いが求めているセックスの理想を満たすためには、恋人の関係よりもセフレのほうがふさわしいのかもしれませんね。
自分が本当にしたいと思っているセックスのためにも、一度セフレの関係をゲットしてみましょう。

男性は常に出会いたい

世の中には様々な女性がいますが、そんな女性とセックスをしたいと思うことは男性ならば多いことでしょう。
若い女性でも大人っぽい魅力があったりして、一度セックスをしてみたいと考えることもあるでしょう。
男性は性欲が常にあるようなものですから、恋人の女性がいたとしてもセックスをしたいという欲求には限りがありません。
魅力的な女性を見つけたら、セックスをしてみたいと思うのは男性としては仕方がないことでしょう。

そんな男性には、いつでも好きなときにセックスができる、セフレという関係がぴったりかと思います。
セフレの場合には、お互いに連絡を取り合って、都合が付いたら実際に会ってセックスをする、という割り切った関係になります。
女性はセフレという関係に嫌悪感を示すことが多かったですが、最近では女性のほうからセフレを求めることも増えてきています。
女性が、セフレ募集のための掲示板に自分から書き込みをすることも増えてきているほどで、男性にとってはチャンスが増えてきているということですね。

例えば女性がセフレを求めることの理由としては、今の彼氏とのセックスに不満がある、などの事情があるようです。
そこで、セフレを作ることで自分が本当に満足できるセックスをするために、相手を見つけたいという気持ちが生まれてくるのでしょう。
セフレとして関係を持つのであれば、こういった女性をある程度満足させられるような技量が必要になってきます。
相手がセックスで求めていることを察知して、それにこたえてあげなければなりません。
とにかく経験を増やすという意味でも、複数のセフレを作ってみて経験を持つことは大事でしょう。

女性の中にはまだ経験がないけど、周りに未経験だと馬鹿にされるのが嫌でセフレを求めることもあるようです。
女性によってセフレに求めるものは変わってきますが、男性にっとっては出会いのチャンスが増えてきているということに違いはありませんね。

身体だけの割り切った関係

セフレは、セックスだけを目的とした割り切った関係なので、お互いに気兼ねなく楽しむことができます。
しかし、そこから恋愛関係に発展することはなく、ある意味で中途半端な関係ともいえるかもしれません。
恋愛感情を持たず、セックスだけを楽しむのがセフレの正しい形なのですが、場合によってはどちらかが勘違いをしてしまうこともあります。
つまり、セックスをしているうちに相手のことが好きになってしまい、本気になってしまう場合があるということです。

こうなってしまうとどうなるかというと、たいていはセフレごと関係が終わってしまうことになるでしょう。
お互いが両方恋愛関係になることを求めていれば問題がないかもしれませんが、ほとんどそうはなりません。
あくまでセフレとして楽しみたいと思っているのに相手に本気になられてしまっては困りますし、そのまま続けるわけにもいかないので、関係が終わることになるのです。
ですが、セックスをしているうちに相手に特別な感情が生まれてしまうというのはある程度は仕方のないことだと思います。

なので、セフレを続けたいと思うのであれば、ある程度の距離を持ったまま、デートなど恋人らしいことはしないのが一番です。
セックスのみと割り切っていることが大切ですので、恋愛関係をイメージさせるような行動はとらないほうがいいでしょう。
また、相手にすでに恋人がいる場合は、トラブルなくセフレを続けるための条件といえるかもしれません。
相手も秘密のままセフレの関係を維持しようとしますから、そこから情報が漏れてトラブルになることもありません。

男性も男性で、セックスをする以上は女性に妊娠のリスクがありますから、そうなって無駄なトラブルを呼ことがないように、細心の注意を払っておかなければなりません。
気軽な関係を維持するためには、いろいろと気を使っておかなければならないことは多いのです。

Copyright(c) 2010 過激なエロ女とヤレルオススメセフレ掲示板 All Rights Reserved.